2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月25日 (金)

スポーツクラブにて

私はもうかれこれ14年位になるでしょうか、駅前のスポーツクラブに通っています。毎日通うときもありますが行かなかった月もありその時々の気分に左右はされますが、ここ数年は週1~2回程度は通っています。

何事においても継続性のない私ですが、スポーツジムだけは何故か性に合っているのか退会することなく継続しています。

よくもまあ続いているものだと我ながら感心しています。

設備も充実していてランニングマシンやトレーニングマシン器具も豊富にあるし、プール、大好きなサウナや大きなお風呂も完備されていて、私にとって大変居心地のいい場所です。

健康増進ももちろん大切ですが、やはりストレス発散の場に大いに役立っていると思います。お酒を飲んだ次の日や一人になりたい時、機嫌が悪くむしゃくしゃしていたりイライラした時、落ち込んだ時など・・・・負のスパイラルに陥りやすい私の軟弱な心身をいつもリフレッシュ、リセットしてくれる場所です。

大概、行った帰りは気分も落ち着いて心地よくなっています。

そういった意味では、月に〇千円で何時でも利用できるのは安いものだと思います。

最近はジム利用者のほぼ半数の方はウォークマン等の音楽プレイヤーを耳につけて汗を流されています。

私も約1年ほど前からウォークマンを購入して、好きな音楽を聴きながら運動しています。

Dsc_0026_480x640

最近の音楽プレーヤーは便利になっていてパソコンから好きな曲を取り込めるようになっているんですよね。

この小さなウォークマンでも2千曲くらいは入るんですよ。

でもそれくらい豊富に容量があるのに、結局、あまりノレない曲やもう飽きてしまった曲をBGMとして聞き流すことのできない私は消去しまた新しい曲を入れる作業をしてしまいます。

結局のところ中にあるのは数十曲なんですよね。

そんな作業を定期的にしていると面白いもので、自分が何時聞いても、何十年たっても飽きない楽曲が結局セレクトされるんですよね。どうしてもその曲じゃないとのれないみたいなcoldsweats01

そこで私のお気に入りって何なんだって話になるんですが・・・

私が高校生の時に聞いていた映画「汚れた英雄」主題歌

Img_496839_13065282_0

それに今話題?の飛鳥涼のこの曲

41iqym36inl_sl500_aa300__3

あとはコールドプレイの「美しき生命」

61ibrhefl_2

ですね。この三曲だけは、すっと私のウォークマンに残り続けている珠玉?の名曲となっています。

あっそれとこの永遠の名聴盤に肩を並べようとしているのが次ですかね。

Subarashiki_title

Title

まあ惰性になりがちな日常生活も、「ジム通い」を挟めることで心地よい疲労感を得て一日が終われます。

さて今日はどうしましょうかねsmile

2013年10月16日 (水)

ウインナーに誘われて

私、先週の連休に岡山市赤磐市にあります、農業公園「ドイツの森クローネンベルグ」に行ってまいりました。

Dsc_0004_640x480


Dsc_0010_640x480


Dsc_0009_640x480


Dsc_0013_480x640


ここはドイツの農村や建物を再現し、食や文化、遊びを楽しめる総合テーマパークで、園内は、門、街、村、花、遊、牧と6つのエリアに分かれいて、それぞれ全く違った楽しみ方を提供しています。

なかなか各場所こじんまりとまとまっていて楽しめました。

私は未だ欧州は行ったことはありませんが、建物や庭などかなりの雰囲気を醸し出していて園全体の完成度はかなり大変高いのではと感心しました。

恥ずかしながら実は私、こうゆうところにあまり来たことがないんです。

休みでエンジョイとなると、京阪神や歴史的な場所への旅行、温泉またはゴルフ、スポーツジムといったことになってしまい、こういった場所にはなかなか足が向かいませんでした。

快晴ということもありましたがいざ行ってみるとかなりの気分転換、リフレシュとなりました。

昼食のバイキングレストランも結構こだわった食材もあってなかなかの美味でした。。。

なんかハマりそうな気分です。そんなに遠くないし、道中の寄り道もまたいいものです。

こうゆう休日の過ごし方もありなんですね。

あっでもこのブログを読ん下さっているほとんどの方はすでに体験済み、習得済みなんでしょうけどcoldsweats01

長く生きている割にはなんともお恥ずかしいかぎりです。

そういえば私、大学の第二外国語専攻はドイツ語でした・・・

話せる言葉といえば「イッヒ・ビン」これだけです。アララ・・・・crying

2013年10月10日 (木)

お前は炭でいろ、灰になったら火はつかない

先週のプロゴルフ競技は男女とも大変面白い試合でした。

女子は「日本女子オープン」優勝は宮里美香選手でしたが、優勝のプレッシャーから5打差をつけてスタートした最終日、あれよあれよという間にスコアを落として4オーバー17番Hで二位の選手に並ばれましたが、最終ホール4mのバーディパット、上からの難しいラインをねじ込み優勝を引き寄せました。

それにしてもこの子は少しプレッシャーに弱いのか、この間の全米女子のツアー(ザ・エビアン選手権)で3日までかなりのスコア差で首位だったにもかかわらず、最終日8打くらい大たたきして自滅し優勝を逃したんだよね。

個人的には二位の菊池絵理香選手に勝たせたかったなあ・・・。

そして男子、「コカコーラ東海クラシック」では久しぶりにプレーオフを制して片山晋呉選手が5年ぶりに優勝しました。

昨年末くらいから調子がよくなったのか、何試合かは上位に顔を出してきていたので、いつかは優勝するんじゃないかと思ってはいましたが。

片山選手は何年か前には全米マスターズでも日本人最高位4位にもなったし、日本では26勝をし永久シードを獲得、今後はジャンボ尾崎並みに優勝を積み重ねていくものと思いきや、その後は満足感からモチベーションが上がらずかなり長い期間の低迷期となり、またプライベートでもいろいろとあったようで・・・・。

なかなか人の人生とは順風満帆とはいかないものですよね。

そんな彼が久しぶりの優勝、美人キャディーさんも大泣き、私もテレビを見ていてその瞬間、ブルッと来ました。

優勝のコメントでは「自分が一番待っていた。復活じゃない、生まれ変わった」とうれしそうに話していた。

追い打ちをかけるように番組終盤の解説者が発したコメントに私は感動しました。

この低迷期の間に中島常幸選手から言われた言葉が心の支えだったそうです。

「お前は炭でいろ、灰になったら火はつかない」くすぶっていても燃え尽きてはいけない・・・

その言葉を支えに地道な努力へ続けていたんだそうです。

私もこのブログで書いたように昨年ミズノオープンを観戦したとき片山選手をみましたが、

かなりのオーラでまくりでした。

スターの素質十分なのでここ最近低迷する男子のプロゴルフ界を盛り上げてほしいものです。

2013年10月 9日 (水)

原点回帰

最近、私の身近な人からブログはやらないの?と言われました。

このお方は、数年間連絡はとっていなかったのですが、最近ちょっとしたことがあってお会いをしました。私の仕事上のお付き合いとはまったく関係のない方で、しかもブログの話などは今まで話題にもしたことがなかったんですが、最近、ふとした話からその方からブログのこと伝えられました。

もうずっと前からから読んでいましたと・・・。

その人がブログを読んでいることなど全く想像していなかったので、告げられたときは恥ずかしくなったのはもちろんですが、知らないふりをしてずっと関心をもって私のブログを読み続けていたいてくれたんだと思うとなんだか「やられた」とうれしく感じました。

そんなことがあったもんですから、先日より今までの自分のブログをこの度読み返してみました。

自分で書いたのに他人が書いたような感じかして内容によっては妙に関心させられたりして・・・。

そこでふと思ったのは、このブログの原点回帰といいますか、本来の趣旨は私がその日その時にピンときた自分の感情アンテナが反応した言葉を書き込む。ただそれだけ。それを読んでくれた私と何らかの関係のある人が気分が高揚したり、納得してくれたり、笑ってくれたり、それはちょっと違うと思ってくれたらそれだけでいいんじゃないかと・・・・。

私はどこかこのブログを仕事に延長線上にあるものと位置づけ、大義とか意義、使命感のようにとらえていたところがありました。

しかし、今年業務上異動となり、施設長から介護事業部長となったことをきっかけに施設のHPからバナーを外してしまい、なんだか書き込む意味があるものかどうかを考えていましたし、正直もうめんどくさいとも思っていました。

でもほったらかしている何か月でも何十人の方々は必ずチェックしてくれていました。

そこまで私に興味を抱いてくれてるなら(と上から目線ではありませんが)つたない文章でもよろしければまた再開しましょうかねえhappy01

それに最近仕事の環境も徐々になれてきましたし、そのポジションに対岐する姿勢も考え方もなじんきましたし・・・・気持ち的に余裕も出てきたところですし、それに・・・出雲大社もいったことですしね。

まあ、毎日とは行きませんし、つぶやく程度とはなりますが、自分のストレス発散も含めて、自分勝手に備忘録的にぼちぼちやっていこうかなって気持ちに少しなりました。

2013年10月 7日 (月)

き・た・じ・ま・け・・・・北島家

もう幾度となく訪れている出雲大社なので、改めてブログに載せることはないのですが、私が最近調子がよろしくないことを気遣ってくれた施設職員が気分転換にと誘ってくれたことがうれしくて、今回出かけてきたことをブログに書くことに致しました。感謝、感謝。

式年遷宮効果やパワースポットブームで相変わらずたくさんの観光客でした。

Oo640x360

Dsc_0088_640x360

Dsc_0090_640x360

Dsc_0093_640x360

実は今年3回目でして・・・bleah

しかし、知ってるようで知らないことってまだまだあるんですよね。

Dsc_0094_640x360

この間、施設の事務職員から、最近某有名人が出雲大社で結婚式をされたことを聞かされました。

私はその某有名人が出雲に来て式をしたことに驚いたんですが、その話をよく聞くと「北島家の方で式をされたようで・・・」とのこと。

何?その北島家って?私はそこに飛びついたんですが・・・・なんでもその昔出雲大社の宮行事は「千家家」と「北島家」があり年単位で交互に行っていたんだそうです。現在は完全に「千家家」が管理しているようです。

※詳しくはネットで調べてみてくださいね。

その話を聞いて私は生まれてこの方そんなことは全く知らずに何十回とお参りしていたことに少々ショックを受けました。

いつも参拝して左側の社殿を通り歩いて駐車場まで帰っていたのですが(千家家側)まさか右側にも社殿があるとは・・・・

まあ、世紀をまたぐような歴史あるものに人間が絡めば、跡目だなんだかんだで色々とダークな話もつきものっていえばつきものなんですがね。

まあわかりやすく言えば「千利休」の茶道や花道とかでもよくあるし、もっと身近な話でいうと餃子の「京都王将」と「大阪王将」みたいなもんですよね。

とにも角にもそのことが気になっていたので良いタイミングでお誘いを受けたと思い、今回は北島家側の出雲教の社を初めて行ってみました。

敷地内はそんなに大きくはないのですが、厳かな清いいい気が流れているような感じでよかったですよ。皆さんも行くことがありましたらどなたか大切な方とでも・・・

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »