2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 心の声を待つ | トップページ | 今までなかった習慣の是非について »

2013年12月10日 (火)

年男2013

今年も残りひと月を切りました。他の方々はどんな一年を過ごされたのでしょうか。

私の感想と言えば、この一年早いといえば早かったのですが、いろんな事があった・・というかありすぎた年であった気がします。

今年を振り返ると年初、1月6日、この「マウリッツハイツ美術館展」最終日にヨハネスフェルメールの「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」を鑑賞しに神戸に出かけました。

満員長蛇の列、2時間かけて長年恋焦がれていたこの絵画と遭遇し何年越しの思いが実現となり、何とも言えない満足感幸福感を感じ、幸先の良い一年のスタートを切りました。

Fc_1 500_10722335

この日を境に(主に仕事上)まあ本当にいろんなことが次から次へと身の回りに様々な出来事が起こり、都度、自分独りで決断し最善の対処、判断をしてきたつもりです。

まあ何が起こるかわからないのが人生の醍醐味と言えばそれまでですが、我ながらよく乗り切ったものだなあと感慨に思いに拭ける今日この頃です。

私はこのような心境に入ったときは城山三郎さんの言葉を思い出します。

愚直に生きる信念「不激、不騒、不競、不従(激さず、騒がず、競わず、従わず)」

来年も毀誉褒貶に惑うことなく、自分の信念を貫き、 納得した人生が送れるようにしたいと思います。

« 心の声を待つ | トップページ | 今までなかった習慣の是非について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1496487/54213022

この記事へのトラックバック一覧です: 年男2013:

« 心の声を待つ | トップページ | 今までなかった習慣の是非について »